株式会社 野田タンス店

笑顔と元気な心で

所在地
〒713-8121 倉敷市玉島阿賀崎1677-3
電話番号
086-526-0347
代表者
野田良之(代表取締役)
創業
明治45年(1912年)
事業内容
地元に根ざした家具インテリアの専門店
ホームページ
http://plus.harenet.ne.jp/~nodatansu/

宮大工から家具づくりへ

 明治45年(1912年)、初代野田久左衛門(慶応元年生まれ)が、玉島仲買町(倉敷市玉島阿賀崎)にて家具の製造販売業を創業。久左衛門は、住吉神社の建立など元々宮大工として活躍していたが、晩年は持ち前の手先の器用さと長年の宮大工としての経験を活かして、のみや鉋(かんな)など道具を自らすべて手作りでこしらえ、それを巧みに使いタンスや椅子などの家具を作り出していったのです。久左衛門の作った家具は、繊細で機能性に優れておりとても評判が良かったそうです。

地域のみなさまのおかげさまで

 2代目野田敏夫は、大正、昭和の時代は兵役を務め、数年間は、終戦直前まで玉島警察署へ勤務、終戦後は家具の製造、販売店として家業を引き継ぎ、一方、玉島地区の民生委員、保護司などを歴任し、玉島ライオンズクラブの会長を務めるなど、または法務大臣表彰や厚生大臣表彰、平成19年には瑞宝単光章を拝受し、昭和50年(1975年)には「株式会社野田タンス店」として法人化。この頃より、家具小売専門店に業態変更し、本店を新築しました。平成4年(1992年)より、倉敷市公平委員長、玉島ロータリークラブ会長を歴任し、平成28年(2016年)に旭日単光章を拝受しました。3代目野田慎一氏が家業を引き継ぎ、創業地から少し離れた国道2号線沿いに「国道店」の新店舗を構えました。

玉島ゆかりの「良寛家具」 介護用品販売とレンタル

 現在は、4代目野田良之氏が中心となり、地域密着型の、お客さまのために「笑顔と元気な心で」を会社の基本方針とし、地元に根ざした家具インテリアの専門店(リビングダイニング、ベッド、学習机、カーテン、マットレス)として地域に愛され親しまれています。また、介護用品の販売やレンタルも、時代の要請に合わせて取り扱っています。地域のみなさまのおかげさまという事で、地元玉島ゆかりの良寛さんの名を冠した「良寛家具シリーズ」は、「良寛デスク」(子供用学習机)や和モダンのオシャレな時計など9種類があり、安心して利用できるよう国産の白樺やくすのきを使用しており、木目がとても綺麗で、天然素材の自然な風合いからお子さんお孫さんへの入学祝として人気を博しております。